世界は愛で出来ている

世界は愛で出来ている

「さて、今日のごはんは何にしようか」

1日の始まりに、私が必ず口にする言葉。

冷蔵庫を開け、入っている食材を見て、頭の中が動き出す。

「コレとコレを組み合わせれば、美味しくなるかもな」

「味付けは、ダシをきかせて、香り付けにしょうゆを入れるかな」

頭の中でシュミレーションが始まり、同時に材料を切りながら、料理が始まる。

 

せっかくごはんを食べるなら、私は美味しく食べたい。

材料を見て、これから美味しい料理ができることを思うと、ワクワクする。

そう、私は「食べること」と「作ること」をとても大切にしているのだ。

 

一方、パートナーのY氏は「食べること」にそこまで興味はない。

どちらかというと、「シンプルでいい派」だという。

 

「シンプルでいい派」ってなんだ?

初めて聞いたときは、意味がよくわからなかった。

「シンプルでいい派」とは、食材で栄養は取りたいが、素材をそのまま食べるとか、ただそのまま焼いただけとか、そうやって簡単に食べる派らしい。

時間をかけて、手間をかけて料理をしようとは思わないという。

 

一方、私は、美味しいものを食べるためなら手間をかけることを惜しまない。

というか、手間って何だ?

その時間さえも楽しいのだ。

私は、「食」で、美味しい感動やサプライズ、幸せな笑顔を感じたい。

だから、今日も楽しくごはんを作る。

 

いつからこんなにも、私は「食」にこだわるようになったのだろう。

 

思い返せば、私は、日々「食」を大切にしている母に育てられてきた。

「食べることは生きること。日々、本物を目にすること。口にすること」

それが母のモットーだった。

 

だしを取る時は、水の入った鍋の中に、昆布を浸す。

30分以上たったら、コンロの火をつけ、鍋が沸騰したら削った鰹節を入れる。

入れた鰹節を少し煮てから、昆布と鰹節を鍋から取り出す。

木の鰹節削り器で鰹節を削るのは、子ども達の仕事で。

私はたまに、爪と指を切った。

 

「毎日のごはんは大切なことだと思うの。外で何かあっても、家に帰ってきてごはんを食べることで心に安らぎが持てたり、満たされたり。毎日の食事って、とても大切なことよ」

そう言う母は、毎日のごはんも、おやつのマドレーヌも、誕生日やクリスマスのケーキも、

味噌も、ぬか漬けも、全て手作りだった。

 

ある日、幼い私がハンバーガーのCMを見て「マクドナルドを食べてみたい。お子様セットのやつ」と母に言った。

「これがハンバーガーよ」と黄色いお皿にのった大きなハンバーガーが出てきた。

形がちょっといびつで、どう見ても私が食べたいマクドナルドのハンバーガーとは違う。

「違うじゃんこれー」と言っても、「こっちのほうが美味しいのよ」と母は答えるだけ。

全て母の手作り。

食べてみると、うん美味しい。

美味しいんだけど、おもちゃは付いてないし、何か違う。

 

幼いながらに、なぜ母は欲しいものを与えてくれないのか。

なぜみんなが食べているものを、うちは食べさせてもらえないのか。

子どもの頃は、母の手作りの愛情を全く理解できなかった。

 

そんな私が、今や毎年大豆をコトコト煮て、大豆を潰し、自家製味噌を作っている。

素材を仕込んで、美味しくできるのが楽しくて。

今では、家で食べる味噌も梅干しもしょう油さえも自家製だ。

「本当、よくやるよね」 友人は、あきれ顔でそう言った。

 

ある年のお正月。母が亡くなる3か月前。

衰弱していた母はもう食べ物をほぼ何も受けつけない状態だった。

「何か食べられそうなものはない?」そう聞いた私に、

「手作り味噌が食べたい」母はそう一言つぶやいた。

「手作り味噌? 昔よく作ってくれたよね。作ったことないけど、作れるかなぁ。うーん。でも作ってみようか」私がそう言うと。

「自分で作ったお味噌を一度食べたらもうやめられないわよ」母は笑って言った。

数日後、大豆・麹・塩・味噌壺と全ての材料を揃え、見よう見まねで大豆を煮た。

アツアツに茹った大豆をザルに開け、人肌くらいの温度になってから、袋に入れて大豆をつぶす。

そこへ、塩と麹をまぜて作った「塩切り麹」をまぜる。

手で丸めた味噌玉を味噌壺の中に投げ入れ、空気が入らないよう、ギュッと上からしっかり押さえていく。

平らに整えたら、空気が触れないように和紙をのせ、重石をのせて味噌壺のフタをする。

 

「初めてだけど、手作り味噌を仕込んだよ。完成が楽しみ」と母にメールを送った。

数分後、「あら、お味噌作ったの。いつ完成かしら、食べられるのが楽しみね」と返信が来た。

「お味噌だから、完成は10か月後だよね。秋には食べられるよ」と返信した。

その後、いつまで待っても母からの返信はなかった。

 

季節はめぐり、10ヶ月が経ち。始めての手作り味噌が完成した。

「手作り味噌が食べたい」そう言っていた母の元には

「お味噌が完成したよ」とお供えして。

家族皆で手作り味噌を食べた。

 

「久しぶりだね。この感じ!美味しい!!」

手作り味噌で作った味噌汁を、皆おかわりした。

 

「自分で作ったお味噌を一度食べたらもうやめられないわよ」

母が言っていた通りになった。

 

一度、本物の美味しさを知ってしまうと、やめられない。

 

母が遺してくれたもの。

日々大切にしたいこと。

愛の表現は、人それぞれ。

 

「食」で愛を表現する人もいれば、スキンシップで愛を表現する人もいる。

言葉で愛を表現する人もいれば、

絵を描いたり、モノを作ったり、創作することで愛を表現する人もいる。

プレゼントを買って、モノやお金で表現する人もいる。

 

人は、自分が大切にしていることで、誰かに愛情を表現しているのかもしれない。

「みんな愛に生きている」

そう思うと、1人1人がまた、おもしろく見えてくる。

written by raiscuret.  Do natures.